最終更新:2018-04-25 (水) 06:02:40 (9h)

Visual Studio Code > LaTeX Workshop

Repository

Changelog

Issues

Usage

TeX ファイルを保存すると自動的にビルドされる

ビルドに成功すると

Recipe succeeded.

と表示される

ファイルの内容を変更して Ctrl+S で保存するとビルドコマンドが実行されます。ファイルの内容を変更していない状態でビルドコマンドを実行したい場合は Ctrl+Alt+B あるいは右クリック → Build LaTeX project でビルドコマンドを実行します。

Ctrl+Alt+V あるいは右上の PDF ファイルのアイコンを左クリックで右側に新しいタブで PDF ファイルを表示します。右クリック → SyncTeX from cursor で forward search,Ctrl+左クリックで inverse search を行います。

右クリック → LaTeX Workshop: All actions あるいは左下のチェックマークをクリックで以下のリストが表示されリストの項目から Action を選択すると実行されます。

Build LaTeX project
View LaTeX PDF
View log messages
Miscellaneous LaTeX functions
Create an issue on Github
Star the project

Settings

Ctrl+Comma で既定の設定と settings.json を開きます。左側に表示されている既定の設定の LaTeX Workshop configuration を選択します。 デフォルトでは latex-workshop.latex.tools が以下のように設定されています。

  "latex-workshop.latex.tools": [
    {
      "name": "latexmk",
      "command": "latexmk",
      "args": [
        "-synctex=1",
        "-interaction=nonstopmode",
        "-file-line-error",
        "-pdf",
        "%DOC%"
      ]
    },
    {
      "name": "pdflatex",
      "command": "pdflatex",
      "args": [
        "-synctex=1",
        "-interaction=nonstopmode",
        "-file-line-error",
        "%DOC%"
      ]
    },
    {
      "name": "bibtex",
      "command": "bibtex",
      "args": [
        "%DOCFILE%"
      ]
    }
  ],

Windows で Latexmk-upLaTeX を使用する場合は右側に表示されている settings.json に以下の設定を追加・保存してデフォルトの設定を上書きします。

{
    "latex-workshop.latex.tools": [
      {
        "name": "latexmk",
        "command": "latexmk",
        "args": [
          "-e",
          "$latex=q/uplatex %O -kanji=utf8 -no-guess-input-enc -synctex=1 -interaction=nonstopmode -file-line-error %S/",
          "-e",
          "$bibtex=q/upbibtex %O %B/",
          "-e",
          "$biber=q/biber %O --bblencoding=utf8 -u -U --output_safechars %B/",
          "-e",
          "$makeindex=q/upmendex %O -o %D %S/",
          "-e",
          "$dvipdf=q/dvipdfmx %O -o %D %S/",
          "-norc",
          "-pdfdvi",
          "%DOC%"
        ]
      }
    ]
}

Windows で Latexmk-LuaLaTeX を使用する場合は右側に表示されている settings.json に以下の設定を追加・保存してデフォルトの設定を上書きします。

{
    "latex-workshop.latex.tools": [
      {
        "name": "latexmk",
        "command": "latexmk",
        "args": [
          "-e",
          "$lualatex=q/lualatex %O -synctex=1 -interaction=nonstopmode -file-line-error %S/",
          "-e",
          "$bibtex=q/upbibtex %O %B/",
          "-e",
          "$biber=q/biber %O --bblencoding=utf8 -u -U --output_safechars %B/",
          "-e",
          "$makeindex=q/upmendex %O -o %D %S/",
          "-norc",
          "-pdflua",
          "%DOC%"
        ]
      }
    ]
}

macOS, Linux で Latexmk-upLaTeX を使用する場合は右側に表示されている settings.json に以下の設定を追加・保存してデフォルトの設定を上書きします。

{
    "latex-workshop.latex.tools": [
      {
        "name": "latexmk",
        "command": "latexmk",
        "args": [
          "-e",
          "$latex=q/uplatex %O -synctex=1 -interaction=nonstopmode -file-line-error %S/",
          "-e",
          "$bibtex=q/upbibtex %O %B/",
          "-e",
          "$biber=q/biber %O --bblencoding=utf8 -u -U --output_safechars %B/",
          "-e",
          "$makeindex=q/upmendex %O -o %D %S/",
          "-e",
          "$dvipdf=q/dvipdfmx %O -o %D %S/",
          "-norc",
          "-pdfdvi",
          "%DOC%"
        ]
      }
    ]
}

macOS, Linux で Latexmk-LuaLaTeX を使用する場合は右側に表示されている settings.json に以下の設定を追加・保存してデフォルトの設定を上書きします。

{
    "latex-workshop.latex.tools": [
      {
        "name": "latexmk",
        "command": "latexmk",
        "args": [
          "-e",
          "$lualatex=q/lualatex %O -synctex=1 -interaction=nonstopmode -file-line-error %S/",
          "-e",
          "$bibtex=q/upbibtex %O %B/",
          "-e",
          "$biber=q/biber %O --bblencoding=utf8 -u -U --output_safechars %B/",
          "-e",
          "$makeindex=q/upmendex %O -o %D %S/",
          "-norc",
          "-pdflua",
          "%DOC%"
        ]
      }
    ]
}