最終更新:2017-09-19 (火) 12:02:36 (1d)

LaTeX 用語集

TeXstudio

TeXstudio is an integrated writing environment for creating LaTeX documents.

TeXstudio は LaTeX の統合環境で Texmaker をベースに機能追加・不具合修正したもの



Download

Installing TeXstudio, Poppler, and poppler-data

Windows

インストーラーを実行してインストール
インストール先のフォルダーを変更する場合はインストール先の指定画面で場所を指定する

TeXstudio セットアップ

インストール先の指定
  TeXstudio のインストール先を指定してください。

  📂  TeXstudio をインストールするフォルダを指定して、「次へ」をクリックしてください。

  続けるには「次へ」をクリックしてください。別のフォルダーを選択するには「参照」をクリックして
  ください。

C:\Program Files (x86)\TeXstudio <-- 64-bit Windows で 32-bit TeXstudio をインストールする場合の初期設定
C:\Program Files\TeXstudio <-- 32-bit Windows で 32-bit TeXstudio をインストール場合の初期設定

組み込みPDFビューアで日本語を表示するために必要な poppler-data は Windows 版の TeXstudio に収録されている

組み込みPDFビューアでゴシック体が表示されない場合はフォントを埋め込むと表示される

macOS

TeXstudio 公式サイトのバイナリ以外に Homebrew でもインストール可能

Homebrew で TeXstudio をインストールする場合は

brew cask install texstudio

Homebrew で最新版がインストールされない場合は TeXstudio 公式サイトのバイナリを使用する

組み込みPDFビューアで日本語が表示されない場合は poppler-data もインストールする

組み込みPDFビューアで日本語を表示するために必要な poppler-data を配置する場所は strings と grep で確認できる

strings -a /Applications/texstudio.app/Contents/Frameworks/libpoppler.??.dylib | grep poppler

実行すると以下のように出力される

/usr/local/share/poppler
Unknown CID font collection, please report to poppler bugzilla.
%Produced by poppler pdftops version: {0:s} (http://poppler.freedesktop.org)

出力結果から poppler-data は /usr/local/share/poppler ディレクトリ配下に配置すればよいことが分かる

Homebrew で poppler-data をインストールする場合は

brew install poppler

brew install poppler でうまくいかない場合は Poppler 公式サイトの poppler-data をインストールする

cd ~
curl -kO https://poppler.freedesktop.org/poppler-data-0.4.7.tar.gz
tar xvf poppler-data-0.4.7.tar.gz
sudo mkdir -p /usr/local/share/poppler
sudo cp -pR ~/poppler-data-0.4.7/* /usr/local/share/poppler

自動補完機能が動作しない場合は Karabiner をインストールして JIS Yen(¥) to Backslash(\) (except virtual machine, X11, RDC) をチェックする

Repository

Changelog

Issues

Screenshots

マルチカーソル自動補完
Multi-CursorsAuto completion
1000 を超える数学記号ブックマーク
More than 1000 mathematical symbolsBookmarks
リンク先のオーバーレイ表示画像,表,数式アシスタント
Link overlayAssistants for images, tables, formulas, ...
画像ファイルのドラッグ & ドロップ表の整形
Drag & drop support for imagesTable-formatting

Options > Configure TeXstudio... > Commands

デフォルトの設定では和文を作成するための設定になっていないのでコマンドを変更する

Windows

LaTeX
uplatex.exe -no-guess-input-enc -kanji=utf8 -synctex=1 -interaction=nonstopmode %.tex
LuaLaTeX
lualatex.exe -cmdx -synctex=1 -interaction=nonstopmode %.tex
DviPs
ruby.exe -e "cmd='dvips -Ppdf -z -f '+0x22.chr+'?am.dvi'+0x22.chr+' '+0x7c.chr+' '+'convbkmk -u'+' '+0x3e.chr+' '+0x22.chr+'?am.ps'+0x22.chr;system(cmd)"
Ps2Pdf
ps2pdf.exe %.ps
DviPdf
dvipdfmx.exe %.dvi
BibTeX
upbibtex.exe %
Makeindex
upmendex.exe %.idx
Metapost
upmpost.exe -interaction=nonstopmode ?me)
Latexmk
latexmk.exe -e "$lualatex=q/lualatex -cmdx %%O -synctex=1 -interaction=nonstopmode %%S/" -e "$bibtex=q/upbibtex %%O %%B/" -e "$biber=q/biber %%O --bblencoding=utf8 -u -U --output_safechars %%B/" -e "$makeindex=q/upmendex %%O -o %%D %%S/" -norc -gg -pdflua -silent %
User
powershell -Command "& {Get-Process -Name AcroRd32 2>$null;if($??){Stop-Process -Name AcroRd32};uplatex -kanji=utf8 -no-guess-input-enc -synctex=1 -interaction=nonstopmode """?m.tex""";if($??){dvipdfmx """?m.dvi"""};if($??){Start-Process synctex -ArgumentList ('view', '-i', '"""@:0:?c:am.tex"""', '-o', '"""?m.pdf"""', '-x', '"""rundll32 shell32,ShellExec_RunDLL AcroRd32 /A ''page=%%{page+1}'' ''%%{output}''"""')}}"

macOS

LaTeX
"/Library/TeX/texbin/uplatex" -synctex=1 -interaction=nonstopmode %.tex
LuaLaTeX
"/Library/TeX/texbin/lualatex" -synctex=1 -interaction=nonstopmode %.tex
DviPs
"/System/Library/Frameworks/Ruby.framework/Versions/Current/usr/bin/ruby" -e "cmd='/Library/TeX/texbin/dvips -Ppdf -z -f '+0x22.chr+'?am.dvi'+0x22.chr+' '+0x7c.chr+' '+'/Library/TeX/texbin/convbkmk -u'+' '+0x3e.chr+' '+0x22.chr+'?am.ps'+0x22.chr;system(cmd)"
Ps2Pdf
"/usr/local/bin/ps2pdf" %.ps
DviPdf
"/Library/TeX/texbin/dvipdfmx" %.dvi
BibTeX
"/Library/TeX/texbin/upbibtex" %
Makeindex
"/Library/TeX/texbin/upmendex" %.idx
Metapost
"/Library/TeX/texbin/upmpost" -interaction=nonstopmode %
Latexmk
"/Library/TeX/texbin/latexmk" -e "$lualatex=q/lualatex %%O -synctex=1 -interaction=nonstopmode %%S/" -e "$bibtex=q/upbibtex %%O %%B/" -e "$biber=q/biber %%O --bblencoding=utf8 -u -U --output_safechars %%B/" -e "$makeindex=q/upmendex %%O -o %%D %%S/" -norc -gg -pdflua -silent %

Linux

LaTeX
uplatex -synctex=1 -interaction=nonstopmode %.tex
LuaLaTeX
lualatex -synctex=1 -interaction=nonstopmode %.tex
DviPs
ruby -e "cmd='dvips -Ppdf -z -f '+0x22.chr+'?am.dvi'+0x22.chr+' '+0x7c.chr+' '+'convbkmk -u'+' '+0x3e.chr+' '+0x22.chr+'?am.ps'+0x22.chr;system(cmd)"
Ps2Pdf
ps2pdf %.ps
DviPdf
dvipdfmx %.dvi
BibTeX
upbibtex %
Makeindex
upmendex %.idx
Metapost
upmpost -interaction=nonstopmode ?me)
Latexmk
latexmk -e "$lualatex=q/lualatex %%O -synctex=1 -interaction=nonstopmode %%S/" -e "$bibtex=q/upbibtex %%O %%B/" -e "$biber=q/biber %%O --bblencoding=utf8 -u -U --output_safechars %%B/" -e "$makeindex=q/upmendex %%O -o %%D %%S/" -norc -gg -pdflua -silent %

Options > Configure TeXstudio... > Build

LuaLaTeX

高度なオプションの表示が OFF の場合は既定のコンパイラを LuaLaTeX に変更

高度なオプションの表示が ON の場合は既定のコンパイラを txs:///lualatex に変更

upLaTeX + dvipdfmx

高度なオプションの表示が OFF の場合はビルド & 表示を DVI->PDFチェーンに変更

メタコマンド
ビルド & 表示 DVI->PDFチェーン <-- DVI->PDFチェーン を選択

高度なオプションの表示が ON の場合はビルド & 表示を txs:///dvi-pdf-chain に変更

メタコマンド
ビルド & 表示 txs:///dvi-pdf-chain <-- txs:///dvi-pdf-chain を選択

Options > Configure TeXstudio... > Editor

和文を作成する場合はインラインチェックを OFF にする

エディタ
☐ インラインチェック: <-- 和文を作成する場合はチェックしない

Options > Configure TeXstudio... > Adv. Editor

日本語入力や日本語表示で描画がおかしくなる場合は高度なオプションの表示を ON にして詳細なエディタ設定を選択してハック/回避策の最適なディスプレイオプションの自動選択を OFF にして描画モードで Qt を選択

TeXstudioの設定

一般

一般

コマンド

コマンド

ビルド

ビルド

キーボードショートカット

キーボードショートカット

メニュー

メニュー

ツールバー

ツールバー

GUIの拡大縮小

GUIの拡大縮小

エディタ

エディタ

詳細なエディタ設定

詳細なエディタ設定 <-- 選択する

構文の強調表示

構文の強調表示

カスタム強調表示

カスタム強調表示

コマンドの補完

コマンドの補完

Language Checking

言語チェック

プレビュー

プレビュー

Internal PDF Viewer

組み込みPDFビューア

SVN

SVN


[(オプションフィルター)]
☑ 高度なオプションの表示 <-- チェックする

ハック/回避策
☐ アクセント記号タイプ時に回避策を無効化(Mac OS Xのみ)
☐ 最適なディスプレイオプションの自動選択 <-- チェックしない
 ☐ 文字幅のキャッシュを無効化
 ☐ 固定ピッチモードを無効化
 ☐ 描画された行のキャッシュを無効化
 ☐ キャッシュタイプとしてQImageを使用
描画モード: Qt <-- Qt を選択

Options > Configure TeXstudio... > Language Checking

スペルチェックの既定の言語を en_US に変更.初期設定は de_DE.

スペルチェック
スペルチェック辞書のディクレクトリ:
既定の言語: en_US <-- en_US を選択

Usage

Easter egg --> Rubber Duck

TeXstudio で Esc キーを連打すると Rubber Duck (おもちゃのアヒル) が表示される

egg.png