最終更新:2015-05-07 (木) 12:39:30 (811d)

FrontPage

TeX/LaTeX についての説明

TeX とは何か

TeX はテックまたはテフと読みます.
TeX は, Stanford 大学の Donald E. Knuth 博士によって開発された組版環境です.
特筆すべきことは数式の処理に優れていること, 簡単なレポートの作成から論文の作成, 果ては商業出版にも耐えうる機能を持っている事などです.

TeX を用いれば, 書式が統一されてより美しい論文を作成することができます.
Word の様なオフィススイートよりも論理構造のきちんとした文章が作成できます.
TeX は覚えるまでに時間がかかるのが難点ですが, 慣れれば文書の編集には便利なツールです.

LaTeX とは何

LaTeX はラテックまたはラテフと読みます.
TeX に La という接頭語がついて LaTeX となりますが, これは TeX を改良したものと察することができると思います.
より使いやすくするために, 様々な書式や書体, 文字の大きさなどをあらかじめ定義したマクロパッケージを TeX に追加したものです.
TeX を組版の元として, そのマクロパッケージのレイアウトに沿って, 常に高品質な組版ができるように改良を加えたものです.

LaTeX で論文を書くとは

LaTeX は WYSIWYG 方式のソフトウェアではありません.
印刷して出来上がる結果と編集しているファイルに大きな差があります.
編集中のファイルにはマークアップ方式で命令を記述しなければいけません.
それは慣れない人にとっては新しいプログラミング言語を覚える位難しいことです.
しかし, その難しさの中にも規則, 約束事があります.
それを覚えれば自由に使いこなすことができます.

LaTeX では Word よりも効率的にレポート作成をすることができます.
しかし, 昨今のレポートは図表が必須ですから, ある程度 LaTeX で図表を扱えるようにならなければいけません.

LaTeX を使いたいと思ったら

LaTeX をやるのであれば Linux の方がおすすめです。
LaTeX は Windows でも動作しますが、Linux で実行するほうが体感的に高速に動作するように思います。

しかし、圧倒的に Windows を使っている人が多いと思いますので、Windows 利用者を対象に説明します。
Windows で LaTeX を使用するときは TeX Live をインストールします。

LaTeXの仕組み

LaTeX で文書を作成する時、大きくわけて3つの 作業が必要になります。基本的な流れは

  1. 原稿の編集
  2. 出力結果の確認
  3. 原稿の修正
  4. 最終コンパイル

となります。

原稿は基本的にプレーンテキストで作成します。 プレーンテキストとは制御文字などの人間が文字として認識できな文字を含まないテキストファイルのことです。

今回、インストールを推奨するのは以下のプログラムです。
LaTeX を使うには latex.exe だけがあれば良いというほど単純ではありません。
文書クラスファイルやマクロパッケージ、フォント、フォント定義ファイル、環境設定ファイル、その他必要と されるファイルがすべてそろっていなければ LaTeX は 正常に動作しません。
また、中途ファイルである DVI ファイルを PDF や Postscript に変換するプログラム等も必要です。
さらにソースファイルを編集するためのテキストエディッタ、出力結果を確認するために閲覧プログラム等が導入されている事が前提条件と成ります。