最終更新:2007-06-29 (金) 12:02:02 (4188d)

TeX用語集?

TAOCP とは?

TAOCP: The Art of Computer Programming とは Donald E. Knuth が現在も 執筆を進めているコンピュータのアルゴリズムの教科書(芸術書)です。 TAOCP は全 5 巻からなり、3 巻目までが発売されています。日本語訳は何年も前に 発売されていました。それから原著が改定されました。最近になって鷺谷さんと 和田英一先生(未来大学客員教授)が、原著の改訂版を翻訳されています。

TAOCP がなぜ TeX と関係あるのかという、謂れを少し紹介しましょう。 Knuth が TAOCP を出版使用としたのは、まだ活版印刷や、写植が全盛期のころで コンピュータ上で組版を行なうには環境が整っていませんでした。TAOCP の第 1 巻は 活字職人による活版印刷でした。しかし、2 巻目はコストの削減により、コンピュータ 組版を行ないました。しかし、結果として出版されたものは職人によるものと比べると 品質が非常に低いものでした。そこで完璧主義者の Knuth 様はご自分で組版 システムを作成してしまいました。これが TeX となるわけです。しかし、 当時のシステムには書体関連の豊富は選択ができなかったため、フォント (Typeface) に関わるシステムを実装されました、これが MetaFont になるわけです。