最終更新:2017-08-04 (金) 02:59:27 (47d)

EasyTeX



EasyTeX とは

EasyTeX は国産でフリーの LaTeX 統合環境です.

TeX の入力とコマンドの実行が簡単にできるソフトウェアです.

動作環境

Windows

特徴

  • EasyTeX Verson 3.30 以降は,Unicode (UTF-16、UTF-16BE、UTF-8、UTF-8BOM)、日本語 (Shit-JIS、EUC、JIS) に対応しています.
  • TeX の命令を色付けして表示できます.
  • LaTeX コマンドをマウスで選び,クリックすることで,自動的にコマンドが挿入される補完機能を持っています.
  • ヘルプには LaTeX の解説が付属しています.
  • Aspell などのスペルチェッカーが起動可能です.
  • 登録されてないコマンドのメニューを新たに作ることができ,ショートカットのカスタマイズも可能です.
  • IME および ATOK による再変換をサポートしています.
  • SumatraPDF を使用すれば,SyncTeX による forward and inverse search も可能です.

不具合

TeXを使って数式をきれいに書こう の EasyTeX 不具合の報告 を参照.

TeX環境設定

初回起動時

EasyTeX を起動します.
初回起動時は, 「TeX環境設定」 が表示されます.

                        TeX環境設定                       [ 🗙 ]
  [ TeXExe ][ TeXOption ][ Spell ][ PS/PDF ]

[TeX実行ファイルのフォルダー]
[    DVIドライバ    ]
 
 
 

[  TeX環境を自動設定する  ]
               [   OK   ] [キャンセル] [ヘルプ(H)]

EasyTeX の初期設定を手動で行います.
[  TeX環境を自動設定する  ] をクリックすると,手動で設定するよりも時間がかかってしまうかもしれないので,使用しないでください.

TeXExe

■ W32TeX 64-bit バイナリ, dviout 64-bit バイナリの場合


                        TeX環境設定                       [ 🗙 ]
  [ TeXExe ][ TeXOption ][ Spell ][ PS/PDF ]

[TeX実行ファイルのフォルダー] C:\w32tex\bin64
[      DVIドライバ      ] C:\w32tex\dviout-x64\dviout.exe


■ W32TeX 32-bit バイナリ, dviout 32-bit バイナリの場合


                        TeX環境設定                       [ 🗙 ]
  [ TeXExe ][ TeXOption ][ Spell ][ PS/PDF ]

[TeX実行ファイルのフォルダー] C:\w32tex\bin
[      DVIドライバ      ] C:\w32tex\dviout\dviout.exe


TeX実行ファイルのフォルダーは platex.exe (pLaTeX の実行ファイル) が存在するフォルダーのフルパスを指定します.
DVI ドライバは dviout.exe のフルパスを指定します.

TeXOption


                        TeX環境設定                       [ 🗙 ]
  [ TeXExe ][ TeXOption ][ Spell ][ PS/PDF ]
      言語
      (●) 日本語                ☐ source special
       ◯ 英語
     TeXコンパイラ              ☑ SyncTeX   1 []
      pLaTeX                
      jPlain                   ☐ コンパイル画面を表示する
      latexcompile
    [TeXソースファイルのフォルダー]                     


TeX コンパイラとオプションを設定します.
言語は日本語を選択します.
TeX コンパイラは pLaTeX を選択します.
SyncTeX にチェックを入れます.

Spell

■ 64-bit Windows の場合


                        TeX環境設定                       [ 🗙 ]
  [ TeXExe ][ TeXOption ][ Spell ][ PS/PDF ]

[スペルチェッカー] C:\Program Files (x86)\aspell\bin\aspell.exe
  起動オプション --lang=en -t -c


■ 32-bit Windows の場合


                        TeX環境設定                       [ 🗙 ]
  [ TeXExe ][ TeXOption ][ Spell ][ PS/PDF ]

[スペルチェッカー] C:\Program Files\aspell\bin\aspell.exe
  起動オプション --lang=en -t -c


スペルチェッカー (aspell.exe) のフルパスと起動オプションを指定します.
スペルチェッカーを使わない人は何も入力しなくても OK です.

PS/PDF


                        TeX環境設定                       [ 🗙 ]
  [ TeXExe ][ TeXOption ][ Spell ][ PS/PDF ]

[  GhostView  ] powershell -Command "& {$ps = [System.String]::Concat('"""',$args[1..($args.Length-1)],'"""');$pdf = [System.String]::Concat('"""',[System.IO.Path]::GetFileNameWithoutExtension($args[1..($args.Length-1)]),'.pdf','"""');ps2pdf.bat $ps;if($?){texworks $pdf}}"
[ PDF Reader ] C:\Program Files\SumatraPDF\SumatraPDF.exe
 PDF Readerを開くタイミング  600  []


GhostView は以下の文字列をコピー & ペーストします.

powershell -Command "& {$ps = [System.String]::Concat('"""',$args[1..($args.Length-1)],'"""');$pdf = [System.String]::Concat('"""',[System.IO.Path]::GetFileNameWithoutExtension($args[1..($args.Length-1)]),'.pdf','"""');ps2pdf.bat $ps;if($?){texworks $pdf}}"

PDF Reader は SumatraPDF.exe のフルパスを指定します.
SumatraPDF を使用する場合は SyncTeX による forward and inverse search が使用できます.
Adobe Acrobat Reader DC は PDF ファイルをロックするので PDF Reader は SumatraPDF がおすすめです.
Adobe Acrobat Reader DC は SumatraPDF のメニューの [ファイル(F)]-[Adobe Reader で開く(A)] から起動できます.

TeX環境設定の保存

TeX環境設定が完了したら,[   OK   ] をクリックします.
この設定は,メニューの [オプション(O)] → [TeX環境設定(T)] から変更することができます.

エンコードの種類 → Unicode(UTF-8) を選択する

メニューの [ファイル(F)]-[エンコードの種類(D)] からエンコードの種類を選択できます.
初期設定では 日本語(Shift-JIS) が設定されています.
Unicode(UTF-8) を選択します.

  ●     日本語(Shift-JIS)
         日本語(EUC)
         日本語(JIS)
         Unicode(UTF-16)
         Unicode(UTF-16,BigEndian)
         Unicode(UTF-8)                                  
         Unicode(UTF-8BOM)

エディタ設定

メニューの [オプション(O)] → [エディタ設定(E)] からエディタの設定を変更することができます.


                                エディタ設定                              [ 🗙 ]
  [ フォント ][ 選択範囲 ][ コメント ][ TeX環境 ][ ワードラップ ][ キー割り当て ][ タイミング設定 ][ 行番号・行間・タブ ][ IME制御 ]

     [ フォントの選択 ]                                    
                                Aaあぁアァ亜宇            
     [背景色の変更(B) ]                                    
     ☑ デフォルトの色設定を使用する
        ◯ 背景色ホワイト
        ◯ 背景色ネイビー
                      [   OK   ]  [キャンセル]  [ヘルプ(H)]


ツールの設定

メニューの [オプション(O)] → [ツールの設定(O)] からツールの設定をします.
設定を反映させるには,[  登録  ]ボタンを押し,[   OK   ] をクリックします.
設定したツールはメニューの [ツール(A)] から選択できます.

upLaTeX (ptex2pdf)

uplatex (ptex2pdf) を使用して PDF ファイルを作成します.


                   ツールの設定          [ 🗕 ][ 🗖 ][ 🗙 ]
            タイトル
  program0       upLaTeX (ptex2pdf)
  program1
  program2
  program3     プログラム
  program4        cmd.exe
  program5        [   参照   ]
  program6
  program7
  program8     実行時引数
  program9       /c ptex2pdf -l -u -ot "-no-guess-input-enc -kanji=utf8 -synctex=1" "%n"

               [  登録  ]     [  削除  ]
               [   OK   ]  [キャンセル]  [ヘルプ(H)]


upLaTeX (dvips + ps2pdf)

uplatex (dvips + ps2pdf) を使用して PDF ファイルを作成します.


                   ツールの設定          [ 🗕 ][ 🗖 ][ 🗙 ]
            タイトル
  program1       upLaTeX (dvips + ps2pdf)
  program2
  program3
  program4     プログラム
  program5        cmd.exe
  program6        [   参照   ]
  program7
  program8
  program9     実行時引数
  program10       /c uplatex -no-guess-input-enc -kanji=utf8 -synctex=1 "%n" && dvips -Ppdf -z -f "%n.dvi" | convbkmk -u > "%n.ps" && ps2pdf.bat "%n.ps"

               [  登録  ]     [  削除  ]
               [   OK   ]  [キャンセル]  [ヘルプ(H)]


pdfLaTeX

pdflatex を使用して PDF ファイルを作成します.


                   ツールの設定          [ 🗕 ][ 🗖 ][ 🗙 ]
            タイトル
  program2       pdfLaTeX
  program3
  program4
  program5     プログラム
  program6        cmd.exe
  program7        [   参照   ]
  program8
  program9
  program10     実行時引数
  program11       /c pdflatex -synctex=1 "%n"

               [  登録  ]     [  削除  ]
               [   OK   ]  [キャンセル]  [ヘルプ(H)]


LuaLaTeX

lualatex を使用して PDF ファイルを作成します.


                   ツールの設定          [ 🗕 ][ 🗖 ][ 🗙 ]
            タイトル
  program3       LuaLaTeX
  program4
  program5
  program6     プログラム
  program7        cmd.exe
  program8        [   参照   ]
  program9
  program10
  program11     実行時引数
  program12       /c lualatex -synctex=1 "%n"

               [  登録  ]     [  削除  ]
               [   OK   ]  [キャンセル]  [ヘルプ(H)]


LuaJITLaTeX

luajitlatex を使用して PDF ファイルを作成します.


                   ツールの設定          [ 🗕 ][ 🗖 ][ 🗙 ]
            タイトル
  program4       LuaJITLaTeX
  program5
  program6
  program7     プログラム
  program8        cmd.exe
  program9        [   参照   ]
  program10
  program11
  program12     実行時引数
  program13       /c luajitlatex -synctex=1 "%n"

               [  登録  ]     [  削除  ]
               [   OK   ]  [キャンセル]  [ヘルプ(H)]


XeLaTeX

xelatex を使用して PDF ファイルを作成します.


                   ツールの設定          [ 🗕 ][ 🗖 ][ 🗙 ]
            タイトル
  program5       XeLaTeX
  program6
  program7
  program8     プログラム
  program9        cmd.exe
  program10        [   参照   ]
  program11
  program12
  program13     実行時引数
  program14       /c xelatex -synctex=1 "%n"

               [  登録  ]     [  削除  ]
               [   OK   ]  [キャンセル]  [ヘルプ(H)]


upBibTeX

upbibtex を使用して参考文献を作成します.


                   ツールの設定          [ 🗕 ][ 🗖 ][ 🗙 ]
            タイトル
  program6       upBibTeX
  program7
  program8
  program9     プログラム
  program10        upbibtex.exe
  program11        [   参照   ]
  program12
  program13
  program14     実行時引数
  program15       "%n"

               [  登録  ]     [  削除  ]
               [   OK   ]  [キャンセル]  [ヘルプ(H)]


BibTeX

bibtex を使用して参考文献を作成します.


                   ツールの設定          [ 🗕 ][ 🗖 ][ 🗙 ]
            タイトル
  program7       BibTeX
  program8
  program9
  program10     プログラム
  program11        bibtex.exe
  program12        [   参照   ]
  program13
  program14
  program15     実行時引数
  program16       "%n"

               [  登録  ]     [  削除  ]
               [   OK   ]  [キャンセル]  [ヘルプ(H)]


BibTeXu?

bibtexu を使用して参考文献を作成します.


                   ツールの設定          [ 🗕 ][ 🗖 ][ 🗙 ]
            タイトル
  program8       BibTeXu?
  program12
  program13
  program14     プログラム
  program15        bibtexu.exe
  program16        [   参照   ]
  program17
  program18
  program19     実行時引数
  program20       "%n"

               [  登録  ]     [  削除  ]
               [   OK   ]  [キャンセル]  [ヘルプ(H)]


Mendex

mendex を使用して索引を作成します.


                   ツールの設定          [ 🗕 ][ 🗖 ][ 🗙 ]
            タイトル
  program9       Mendex
  program10
  program11
  program12     プログラム
  program13        mendex.exe
  program14        [   参照   ]
  program15
  program16
  program17     実行時引数
  program18       -U "%n"

               [  登録  ]     [  削除  ]
               [   OK   ]  [キャンセル]  [ヘルプ(H)]


MakeIndex

makeindex を使用して索引を作成します.


                   ツールの設定          [ 🗕 ][ 🗖 ][ 🗙 ]
            タイトル
  program10      MakeIndex
  program11
  program12
  program13     プログラム
  program14        makeindex.exe
  program15        [   参照   ]
  program16
  program17
  program18     実行時引数
  program19       "%n"

               [  登録  ]     [  削除  ]
               [   OK   ]  [キャンセル]  [ヘルプ(H)]


TeXindy?

texindy を使用して索引を作成します.


                   ツールの設定          [ 🗕 ][ 🗖 ][ 🗙 ]
            タイトル
  program11      TeXindy?
  program12
  program13
  program14     プログラム
  program15        texindy.exe
  program16        [   参照   ]
  program17
  program18
  program19     実行時引数
  program20       "%n"

               [  登録  ]     [  削除  ]
               [   OK   ]  [キャンセル]  [ヘルプ(H)]


SumatraPDF との連携

EasyTeX のメニューバーより [オプション(O)] → [TeX環境設定(T)] と選びます.
出てきたウィンドウで [TeXOption] タブの SyncTeX にチェックを入れます.
[   OK   ] をクリックします.

forward search

LaTeX ソースのある領域を選択して [ファイル(F)]-[コンパイル・Pdfプレビュー(F)] で PDF ファイルの該当領域を検索します.
PDF ファイルが存在すれば,EasyTeX の画面をダブルクリックすると該当領域を検索します.

inverse search

EasyTeX の実行ファイルである EasyTeX.exe のフルパスが C:\easytex\EasyTeX.exe である場合

SumatraPDF の [設定(S)]-[オプション(O)...]-[逆順検索コマンドラインの設定] で

C:\easytex\EasyTeX.exe /j%l "%f"

と書き込んで [OK] をクリックしてください.
SumatraPDF の画面をダブルクリックすると,以下のような「指定行への移動」が一瞬表示され,EasyTeX が前面に出て,該当箇所にジャンプします.


            指定行への移動           [ 🗙 ]
   行番号 または 行番号,桁番号 ?


        [   OK   ]  [ キャンセル ]


Adobe Acrobat Reader DC との連携

upLaTeX (ptex2pdf) [Adobe Acrobat Reader DC]

uplatex (ptex2pdf) を使用して PDF ファイルを作成した後で Adobe Acrobat Reader DC を使用して PDF ファイルを開きます.


                   ツールの設定          [ 🗕 ][ 🗖 ][ 🗙 ]
            タイトル
  program12      upLaTeX (ptex2pdf) [Adobe Acrobat Reader DC]
  program13
  program14
  program15     プログラム
  program16        cmd.exe
  program17        [   参照   ]
  program18
  program19
  program20     実行時引数
  program21       /c tasklist /fi "IMAGENAME eq AcroRd32.exe" /nh | findstr "AcroRd32.exe" > nul && pdfopen --file "%n.pdf" && pdfclose --file "%n.pdf" & ptex2pdf -u -l -ot "-no-guess-input-enc -kanji=utf8 -synctex=1" "%n" && powershell -Command "& {$pdf = """%n.pdf"""; $pages = (pdfinfo $pdf | Select-String "^Pages:"); $page = (-split $pages)[1]; pdfopen --file $pdf --page $page}"

               [  登録  ]     [  削除  ]
               [   OK   ]  [キャンセル]  [ヘルプ(H)]


upLaTeX (dvips + ps2pdf) [Adobe Acrobat Reader DC]

uplatex (dvips + ps2pdf) を使用して PDF ファイルを作成した後で Adobe Acrobat Reader DC を使用して PDF ファイルを開きます.


                   ツールの設定          [ 🗕 ][ 🗖 ][ 🗙 ]
            タイトル
  program13      upLaTeX (dvips + ps2pdf) [Adobe Acrobat Reader DC]
  program14
  program15
  program16     プログラム
  program17        cmd.exe
  program18        [   参照   ]
  program19
  program20
  program21     実行時引数
  program22       /c tasklist /fi "IMAGENAME eq AcroRd32.exe" /nh | findstr "AcroRd32.exe" > nul && pdfopen --file "%n.pdf" && pdfclose --file "%n.pdf" & uplatex -no-guess-input-enc -kanji=utf8 -synctex=1 "%n" && dvips -Ppdf -z -f "%n.dvi" | convbkmk -u > "%n.ps" && ps2pdf.bat "%n.ps" && powershell -Command "& {$pdf = """%n.pdf"""; $pages = (pdfinfo $pdf | Select-String "^Pages:"); $page = (-split $pages)[1]; pdfopen --file $pdf --page $page}"

               [  登録  ]     [  削除  ]
               [   OK   ]  [キャンセル]  [ヘルプ(H)]


pdfLaTeX [Adobe Acrobat Reader DC]

pdflatex を使用して PDF ファイルを作成した後で Adobe Acrobat Reader DC を使用して PDF ファイルを開きます.


                   ツールの設定          [ 🗕 ][ 🗖 ][ 🗙 ]
            タイトル
  program14      pdfLaTeX [Adobe Acrobat Reader DC]
  program15
  program16
  program17     プログラム
  program18        cmd.exe
  program19        [   参照   ]
  program20
  program21
  program22     実行時引数
  program23       /c tasklist /fi "IMAGENAME eq AcroRd32.exe" /nh | findstr "AcroRd32.exe" > nul && pdfopen --file "%n.pdf" && pdfclose --file "%n.pdf" & pdflatex -synctex=1 "%n" && powershell -Command "& {$pdf = """%n.pdf"""; $pages = (pdfinfo $pdf | Select-String "^Pages:"); $page = (-split $pages)[1]; pdfopen --file $pdf --page $page}"

               [  登録  ]     [  削除  ]
               [   OK   ]  [キャンセル]  [ヘルプ(H)]


LuaLaTeX [Adobe Acrobat Reader DC]

lualatex を使用して PDF ファイルを作成した後で Adobe Acrobat Reader DC を使用して PDF ファイルを開きます.


                   ツールの設定          [ 🗕 ][ 🗖 ][ 🗙 ]
            タイトル
  program15      LuaLaTeX [Adobe Acrobat Reader DC]
  program16
  program17
  program18     プログラム
  program19        cmd.exe
  program20        [   参照   ]
  program21
  program22
  program23     実行時引数
  program24       /c tasklist /fi "IMAGENAME eq AcroRd32.exe" /nh | findstr "AcroRd32.exe" > nul && pdfopen --file "%n.pdf" && pdfclose --file "%n.pdf" & lualatex -synctex=1 "%n" && powershell -Command "& {$pdf = """%n.pdf"""; $pages = (pdfinfo $pdf | Select-String "^Pages:"); $page = (-split $pages)[1]; pdfopen --file $pdf --page $page}"

               [  登録  ]     [  削除  ]
               [   OK   ]  [キャンセル]  [ヘルプ(H)]


LuaJITLaTeX [Adobe Acrobat Reader DC]

luajitlatex を使用して PDF ファイルを作成した後で Adobe Acrobat Reader DC を使用して PDF ファイルを開きます.


                   ツールの設定          [ 🗕 ][ 🗖 ][ 🗙 ]
            タイトル
  program16      LuaJITLaTeX [Adobe Acrobat Reader DC]
  program17
  program18
  program19     プログラム
  program20        cmd.exe
  program21        [   参照   ]
  program22
  program23
  program24     実行時引数
  program25       /c tasklist /fi "IMAGENAME eq AcroRd32.exe" /nh | findstr "AcroRd32.exe" > nul && pdfopen --file "%n.pdf" && pdfclose --file "%n.pdf" & luajitlatex -synctex=1 "%n" && powershell -Command "& {$pdf = """%n.pdf"""; $pages = (pdfinfo $pdf | Select-String "^Pages:"); $page = (-split $pages)[1]; pdfopen --file $pdf --page $page}"

               [  登録  ]     [  削除  ]
               [   OK   ]  [キャンセル]  [ヘルプ(H)]


XeLaTeX [Adobe Acrobat Reader DC]

xelatex を使用して PDF ファイルを作成した後で Adobe Acrobat Reader DC を使用して PDF ファイルを開きます.


                   ツールの設定          [ 🗕 ][ 🗖 ][ 🗙 ]
            タイトル
  program17      XeLaTeX [Adobe Acrobat Reader DC]
  program18
  program19
  program20     プログラム
  program21        cmd.exe
  program22        [   参照   ]
  program23
  program24
  program25     実行時引数
  program26       /c tasklist /fi "IMAGENAME eq AcroRd32.exe" /nh | findstr "AcroRd32.exe" > nul && pdfopen --file "%n.pdf" && pdfclose --file "%n.pdf" & xelatex -synctex=1 "%n" && powershell -Command "& {$pdf = """%n.pdf"""; $pages = (pdfinfo $pdf | Select-String "^Pages:"); $page = (-split $pages)[1]; pdfopen --file $pdf --page $page}"

               [  登録  ]     [  削除  ]
               [   OK   ]  [キャンセル]  [ヘルプ(H)]


使い方

簡単な TeX ソースを作り,コンパイル,プレビューまで行いましょう.
まず,EasyTeX を起動します.
次に,[TeXテキスト(T)] → [文書クラス(D)] をクリックします.


                   文書クラスの設定                 [ 🗙 ]
       文書クラス           用紙サイズ      文字サイズ
  小論文 (jarticle)          A4        10ポイント
  小論文 (jsarticle)            A4j          11ポイント
  報告書 (jreport)            A5          12ポイント
  欧文小論文 (article)        A5j  

                        使用するパッケージ
    ☐2段組をする          amsmath,amsthm,amssymb
    ☐タイトルを付けない      epic,eepic
                            graphicx             

   タイトル
                                               
   著者
                                               

                         [   OK   ]   [キャンセル]


「文書クラスの設定」 で,jsarticle を指定します.
文字サイズはデフォルトで 12ポイントが選択されていると思います.
jsarticle は 9pt,10pt,11pt,12pt,14pt,17pt,21pt,25pt,30pt,36pt,43pt を指定することができます.(jsclasses を参照.)
[タイトル] と [著者] を適当に書きます.
[使用するパッケージ] の部分には使用するスタイルファイルを指定します (\usepackage コマンドで指定するものです).
Shift + 左クリックで複数のパッケージを選択することが可能です.
一通り終わったら [   OK   ] をクリックします.
一気に沢山のコマンドが書き加えられているのが分かりますね.
こうした補完は [TeXテキスト(T)] と [TeX数式(M)] に多く入っています.
色々と試してみましょう.
一通り書き終わったら[ファイル(F)] → [コンパイル・Pdfプレビュー(F)]をクリックします.
うまくいけば PDF ファイルが表示されます.
編集中のファイルは自動的に保存されます.
[ファイル(F)] → [コンパイル・Pdfプレビュー(F)](初回のみ) または [ファイル(F)] → [DVI->PDF変換(D)]で 「PDFファイルのページサイズの設定」 が表示されます.


    PDFファイルのページサイズの設定    [ 🗙 ]

         ページサイズ
       指定しない 
       a3           [   OK   ]
       a4      
       a5
       a6           [キャンセル]
       b3      
 
       ☐landscape


ページサイズを指定し,[   OK   ] を押すと,dvipdfmx を使った PDF ファイルの生成と表示ができます.
[ファイル(F)] → [DVI->PDF変換2(R)]は dvipdfmx ではなく dvips + Ghostscript で,処理を行います.
あとの操作は,基本的にメニューの中から入力したい命令を選んでいけば良いでしょう.
ある範囲を一括コメントイン・コメントアウトする便利な機能もあります.
範囲指定してからメニューより [編集(E)] → [コメント/コメント解除(O)] で,コメントイン・アウトできますので,活用してみてください.
ファイルを分割している場合は [オプション(O)] → [親ファイルの指定(P)] でメインのファイルを指定してください.

関連リンク