最終更新:2007-08-08 (水) 15:49:29 (4024d)

TeXマクロ

メモ帳/LaTeX vol. 1

体裁と本文の分離

HTML 再考

そもそも HTML の hypertext ってなんじゃらほい.hyper って何さ? まぁ,ようするに hypernym (上位語)を伴うテキストと考えれば良い.

上位語とは,その語句・要素の上位概念に属する語句(超言語)である. メタ・ランゲージについては適当に検索すれば分かるだろうから,概要のみ.

要するに,物事の上位概念を形成する事,抽象化を行うこと.これが正統なる LaTeX の使い方.

体裁を決めるコマンド

体裁を決定するようなコマンドを本文に書いては行けない。

\begin {center}
 \includegraphics{hoge.eps}
\end{center}

center 環境は要素を中央揃えにするという体裁に関わるコマンドである。 さらに includegraphics というコマンドは画像を読み込むための コマンドである。一般的に、中央揃えで EPS の画像を読み込むための コマンド image 命令を新設すれば、後々、一斉に体裁調整を 行う事が可能である。

\newcommand\image[2][]{\centering\includegraphics{#2}}

もっと突っ込むと、論文やレポートでは通し番号を振って図を 載せる事になるのだが、これを一般化して次のようなコマンドを 導ける。

% \imgae [graphics_options]{filename}{caption}{label}
\newcommand\image[4][]{%
  \begin{figure}[htbp]%
    \begin{center}%
      \includegraphics[#1]{#2}%
      \caption{#3}%
      \label{fig:#4}%
    \end{center}%
  \end{figure}%
}

これにより冗長な記述を防ぐ事ができるようになるし、 中央揃えをすべて右揃えにかえるとか、奇数ページは 右揃え、偶数ページは左揃えといった条件分岐も実装しやすい。

\image[width=100pt]{hoge.eps}{なんとか}{nantoka}

と使う事ができる。ラベルを参照するときは

\newcommand*\figref[1]{図~\ref{fig:#1}}
\ref{<label>}より

等とすれば良いだろう。

書体を決定するようなコマンド \??family, \text?? という コマンドも文章中では避けるべきである。

family: rm, tt, sf
shape: it, sc, sl, 
series: md,bf
japanese: mc, gt