最終更新:2014-05-11 (日) 14:20:46 (1625d)

チュートリアル

MIDI から楽譜

OS X で MIDI ファイルを 楽譜で出力

まず TeX が導入されている事。

次に 百合池 (lilypond) を導入する。

  1. wget http://download.linuxaudio.org/lilypond/binaries/darwin-x86/lilypond-2.18.2-1.darwin-x86.tar.bz2
  2. open lilypond-2.18.2-1.darwin-x86.tar.bz2
  3. アプリケーションフォルダに LilyPond をどらっぐあんどどろっぷぅ
  4. コンソールから適当にバコバコ
    1. cd /Volumes/LilyPond-installation/
    2. sudo cp lilypond.sh /usr/local/bin/lilypond
    3. sudo cp lilypond-script-wrapper.sh /usr/local/bin/
    4. cd /usr/local/bin/
    5. sudo ln -s lilypond-script-wrapper.sh abc2ly
    6. sudo ln -s lilypond-script-wrapper.sh etf2ly
    7. sudo ln -s lilypond-script-wrapper.sh lilypond-book
    8. sudo ln -s lilypond-script-wrapper.sh midi2ly
    9. sudo ln -s lilypond-script-wrapper.sh convert-ly
    10. rehash

あとは適当に mid ファイルをげとー。
そうしたらコンソールで

mid2ly input.mid

とでもすれば良い。
しかし、

Traceback (most recent call last):
File "/Applications/LilyPond.app//Contents/Resources/bin/midi2ly", 
 line 48, in ?
import midi
ImportError: No module named midi

といういうエラーを吐いて終了する。
おや、CTAN mailing list にも同じような 投稿があるぞ。
どうやら LilyPond は裏で Python を操っているようだ。
そこ で Python の midi module を導入すれば良いわけだな。
と思ったら

emacs /Applications/LilyPond.app/Contents/Resources/bin/midi2ly 

してみたら説明が書いていた。

libdir を適当に

libdir='/Applications/LilyPond.app/Contents/Resources/lib/lilypond/current/python/';

に変更したらできたで。
midi.so という python module に対する検索パスがな かっただけか。

これによって

midi2ly input.mid

とすることによって、

LY output to `./input-midi.ly'...

と表示されて input.ly が出力された、あとはこれを

lilypond input-midi.ly

とすれば良いのだろう。
めでたしめだたし、ぱちぱち。

open input-midi.pdf

とすれば PDF が作成されるはず。
しかし、MIDI ファイルの種類によってはめちゃ くちゃになるものも。