最終更新:2008-03-30 (日) 16:49:23 (3764d)

好き好きLaTeX2e/ポケットブック編

  • コメントは pcomment プラグインで追加する事に変更しました. -- Thor? 2008-03-30 (日) 16:48:49
  • 月末脱稿、ということはまとめてコメントするより逐次コメントしたほうがよさそうですね。このフォームに書いていけばいいでしょうか。箇条書き等が若干難しい気もしますが……。現在読んだところまででは、 -- wakakumo? 2008-03-25 (火) 00:14:40
  • 途中で切れてしまいました、すいません。印刷して読んでいるので以下文書のページ数で書きます。p. 2 HTMLの記述例に \TeX コマンドが混じっている, p. 3 フローチャートの中で「Illustrator .ai」とひとつだけソフトウェア名が書いてあるのは?, p. 4 中ほどで相互参照のミス, p. 5 図で「platexの動作」を示すなら、dvipdfmx以降は不要では。この図なら「LaTeXを用いた文書作成の流れ」などが想像される, p. 6 1.3節の内容では、必要なコマンドを逐一インストールしないといけないような不要な誤解をまねきそう。たいてい、一括して導入されていることを付記しては, p. 7 「マクロパッケージの所在」に関しては、「本書をコンパイルするために必要となるパッケージ」のことでは? この文脈では存在する全てのパッケージについての情報が書いてあるように受け取られそう, 同 jsclassesの説明も、「本書は」であって、対象に関する説明が抜け落ちているのでは, p. 9 前ページで「タイプセットすると図の出力が得られます」と言っているからには、本当の出力例が載るべきでは, p. 10 書式について解説するときは、デフォルトではどのオプションが指定されているかをはじめに述べたほうが理解しやすいのでは, p. 11 \voffsetについての項目で「-1in」というのは、jsclassesでは「-1truein」では?, p. 13 下端の「細かい微調整なしに」は、むしろ「行数や余白なんセンチ、というように直感的に指定できます」と言い替えたほうがよさそう, p. 19 JIS B5にするための設定例が2度書かれている, p. 23 「ノド」や「天」「地」などの用語については、それらを先に図示してから述べたほうが理解しやすいのでは, p. 24 各marginratioコマンドの設定例が marginratio``n と末尾に n がついているがこれは?, 同 twoside の項目が2度書いてある, p. 25 「小口」についても先に図示が欲しい, p. 26 突然「考えてみてください」と問題形式になっているが、唐突過ぎるし、「ポケットサイズの解説書」の読者としては不快になる(個人的には), p. 28 同様に問題形式は ``この本 には向かないのでは?, p. 30 B4用紙の例で、他でデバイスドライバ指定がないのに、ここだけdvipdfmオプションがあるのは?, p. 32 「2006年版の」は以前からよく見る文章ですが、今年の数字に直したほうがよいのでは, 同 表2.2でローマ数字にも大文字、小文字を書いたほうがよいのでは, p. 33 2.5節と2.6節の関係が現段階では不明。また、2.6節で「その2」としているからには、タイトルの似た「その1」があるべきだが、2.5節とタイトルが一致しない ……現状ではここまでです。 -- wakakumo? 2008-03-25 (火) 00:37:42
  • 誤植とは別の話ですが、いまいちこの本の企画意図がわかりません。「ポケットにLaTeXの本を入れて持ち歩く人」がどのような内容を求めるか、個人的には完全に実用本位の「リファレンス・ハウツー」か、逆に実用的ではないが電車などで読みたい「読みもの」なのではないかと思います。その意味で、複数ページに渡る文章でコマンドを解説するこの本は、「入門書・解説書の版型を小さくしただけのもの」になっているように個人的には感じられます。ポケットに入れて、電車などで読むといった用途を考えると、1ページに1項目を掲載する、目次からやりたいことを容易に探せるよう、より「逆引き」に適した見出しを工夫するなど、改良点があるように思います。 -- wakakumo? 2008-03-25 (火) 00:47:37
  • 色々指摘があるようですが,期待しております。既にダウンロードしていますが,まだ読んではいません。というか読み物だとは思っていない(ポケットブックですから)ので。TeXのエヴァンジェリスト?としては,サクっと引けて判りやすいこと,そのものが書いてなくても,「ここを観れば判る」(ただし本ではなくネット上で)っていうのが希望です。楽しんでお作り下さい。楽々LaTeXの進化版?だと尚嬉しい。 -- moon? 2008-03-25 (火) 11:24:16
  • 3/23版を読了しました。p. 36 入力例の前に\AtEndDocument?が余分にある, p. 44 二段組でのabstractは、\maketitleの前に書くことを念押ししておいたほうがよいかも, p. 45 「正統的」という言葉は辞書にはないみたいです, p.47 CTAN/help/uk-tex-faqあたりを読むと、setspaceパッケージはまだあまり効果的でないとも, p. 53 まんなかの「ulem」はなに?, 同 \TeX{}bookなど、適当な空白が必要では, p.55 6.3節のコマンドを実現するパッケージは何か?, p. 56 framedパッケージは改ページができるのでは?, 同 例6.8で\LaTeXのあとに適当な空白が必要では, p. 59 「本」として公開するならもう少しマシなサンプルテキストを, p. 61 構成としてこの章はもう少し前に配置すべきでは?, 同 8.1節の内容はすでに3章で述べているのでは, 同 \sectionの再定義に関する説明が必要では。「jsclassesの場合、見出しの設定はクラスファイル内で以下のように定義されています」など, p. 62 8.6節については、この書籍あるいはLaTeX自体が科学技術文書を主に想定しているので、ここで特に項目を作る必要はないのでは。単位の記述については数式に関する章で述べたほうがよいかも, p. 67 下の囲みのパッケージ類を使用する場合の入力例は?, p. 68 Gnuplotの話は5.2節でやっているのでは?, 同 「表3.8 図見出し」は表か図か、どっち?, p. 69 「枠開け」はどういう内容になるかわからないが、wrapfigに言及するということは、一般に「回り込み」と言うのでは?, p. 88 表F.13の下の文章をどうにか1行に収めたい, p. 89 表F.16だけ\hlineがないようだ, p. 101 箇条書きの下の「あああLi-ionあああ」が意味不明, p.104 表F.37の「グラム」に注らしきアスタリスクがあるが、肝心の文章がない, p. 123 相互参照が未解決, 同 Mac OS Xの横のapt-getは? ……以上です。 -- wakakumo? 2008-03-26 (水) 00:27:57
  • wakakumo 様,非常に多くの有益なご意見ありがとうございます.今週研修が終わり,やっと帰函しました.私がこの本を企画した訳ではないので,私もどのような方向性に持っていけば良いのか考えておりました.1ページに1項目,というのは恐らくコスト的な問題で無理ではないかと考えております.憂慮すべき事柄が非常に多く,入稿三日前ですが,まだ悩んでいます.もう少し考えてみたいと思います. -- Thor? 2008-03-29 (土) 13:27:34
  • 入稿三日前です.形になっていません.wakakumo 様から有益なご意見を沢山いただいたのですが,誰かにバトンタッチしなければならないのかもしれません.とりあえず,3/31 に version 0.0.4 を公開しようと思います.困りました・・・ -- Thor? 2008-03-29 (土) 13:35:44
  • moon様,コメントありがとうございます.イメージとしてはオライリーのデスクトップリファレンス (vi, emacs, ruby, perl, ...) が近いのかとも考えておりました.ただ,4/1から私も社会人になってしまうため,あまり執筆の時間を確保するのが難しいかもしれませんので,もしかしたら完成させる事ができないかもしれません. -- Thor? 2008-03-29 (土) 17:52:15