最終更新:2018-03-27 (火) 01:09:44 (232d)

ひな形

名刺

大学生用の名刺のひな形を紹介します.

sample.png

  • 対応する用紙は家電量販店で販売されているものならば大抵大丈夫だと思います.
  • 用紙サイズは A4 に対応していますが,プリンタによっては最下部の印字が うまくいかない場合もあります.この場合は URL を非表示にするか,項目を 減らす等の対処が必要になるかもしれません.
  • 一般的な名刺のサイズ (91 x 55 mm) に対応しています.
  • 左余白 (標準 = 14 mm) と上余白 (標準 = 11 mm) の調整だけで済みます.

記入すべき項目は以下の通りです.

  • ロゴの画像ファイル名
  • 大学名
  • 学部名
  • 学科名
  • 氏名
  • 欧文氏名
  • 郵便番号
  • 住所
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • URL
  • 左余白
  • 右余白

まずは二つの予備ファイルを用意します.

  • filecard-preamble.tex
    % packages 使用する書体は好み応じて変更してください
    \usepackage{newpxtext,newpxmath}
    \usepackage[dvipdfmx]{geometry}
    \usepackage[dvipdfmx]{graphicx,color}
    \usepackage{epic}
    % settings
    \pagestyle{empty}
    \lineskip=0pt
    \topskip=10pt
    \normallineskip=1pt
    \lineskiplimit=1pt
    \normallineskiplimit=1pt
    \xkanjiskip=.5pt % 若干ツメ組の方が見栄えが良いです
    \emergencystretch=0pt
    \parskip=0pt
    \parindent=0pt
    \baselineskip=0pt
    \fboxsep=0pt
    \setlength \unitlength {1mm}
    %
    \newlength{\Lmargin}
    \newlength{\Tmargin}
    \setlength{\Lmargin}{14mm}
    \setlength{\Tmargin}{11mm}
    %
    \def\us{28}
    \def\lcol{\color[cmyk]{0,0,0,.45}}
    \def\puttext#1{\makebox(0,0)[bl]{#1}}
    % insure
    \let\Daigaku\relax
    \let\Gakubu\relax
    \let\Gakka\relax
    \let\Namae\relax
    \let\Ruby\relax
    \let\Yuubin\relax
    \let\Juusyo\relax
    \let\Denwa\relax
    \let\Email\relax
    \let\URL\relax
    % user info
    \endinput
  • filecard-header.tex
    % ページレイアウトを調整します.
    \geometry{%
      twocolumn,
      textwidth=182mm,
      textheight=275mm,
      nohead, nofoot, nomarginpar,
      lmargin=\Lmargin, tmargin=\Tmargin,
      columnsep=0mm,
    %  showframe
    }
    \def\mycard{% 名刺の本体部分です
    \noindent\begin{picture}(91,55)(0,0)%
      % 枠を表示したければ以下の行頭の % を取り除きます
      %{\lcol\dashline{3}[3](0,0)(0,55)(91,55)(91,0)(0,0)}% 枠
      \put(3,17){\Logo}% ロゴ
      \put(\us,46){\puttext{\large \Daigaku}}% 大学名
      \put(\us,41){\puttext{\small \Gakubu}}% 学部・所属
      \put(\us,36){\puttext{\small \Gakka}}% 学科・専攻
      \put(\us,26){\puttext{\Large \Namae}}% 名前
      \put(\us,23){\puttext{\footnotesize \Ruby}}% ルビ
      \put(\us,16){\puttext{\footnotesize \hbox{〒}\hbox{\Yuubin}}}% 郵便番号
      \put(44,16){\puttext{\footnotesize \Juusyo}}% 住所
      \ifx\Denwa\relax\else
      \put(\us,12.5){\puttext{\footnotesize
             \rlap{Tel}\hphantom{email}\quad\Denwa}}% 電話
       \fi
      \put(\us,8) {\puttext{\footnotesize email\quad\Email}}% email
      \ifx\URL\relax\else
      \put(\us,4) {\puttext{\footnotesize
             \rlap{URL}\hphantom{email}\quad\URL}}% URL
      \fi
    \end{picture}}
    \endinput

上記の filecard-preamble.texfilecard-header.tex の二つが用意できたら, メインの原稿を次のように記述します.

\documentclass[uplatex,dvipdfmx,twocolumn]{jsarticle}
\input{card-preamble}
\def\Logo{\includegraphics[width=20mm]{mytexpert.pdf}}% ロゴ
\def\Daigaku{公立はこだて未来大学}% 大学名
\def\Gakubu{システム情報科学部}% 学部名
\def\Gakka{情報アーキテクチャ学科}% 学科名
\def\Namae{未来 太郎}% 氏名
\def\Ruby{Taro Mirai}% 欧文氏名
\def\Yuubin{041-8655}% 郵便番号
\def\Juusyo{北海道函館市亀田中野町116番地2}% 住所
\def\Denwa{0138-00-0000}% 電話番号
\def\Email{b2100000@fun.ac.jp}% メールアドレス
\def\URL{http://www.fun.ac.jp/}% URL
\setlength\Lmargin{14mm}% 左余白
\setlength\Tmargin{11mm}% 上余白
\input{card-header}
\begin{document}
\sffamily\gtfamily
 \mycard\\ \mycard\\ \mycard\\ \mycard\\ \mycard \newpage  
 \mycard\\ \mycard\\ \mycard\\ \mycard\\ \mycard
\end{document}

おまけにこのサイトのロゴ画像 (PDF) filemytexpert.pdf も添付しておきます