最終更新:2014-04-20 (日) 14:17:46 (1550d)

ひな形

始末書

お世話になりたくない文書の一つが始末書.まだ一度も書いた事はない.近所の 人がお世話になったようで,そのついでに LaTeX でひな形を作成した.

基本的に次の情報を入れ替えるだけで汎用的に用いる事ができると思われる.

タイトル
普通は「始末書」
日付
\today を使えば大丈夫. \和暦 や \西暦 で表示を変更可能
文書の当事者
始末される人たちのグループ
人数
一人ずつに始末書を書かせる場合もあるが,グループの場合は代表者だけになるので
責任者
who 始末書の執筆を代表する人
どのような時に
when
何をしたのか
what
対物賠償する人たち
通常はグループメンバー一同
そのグループの責任者
学生
グループの上司
教職員
\documentclass[uplatex,12pt,papersize,a4j]{jsarticle}
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%
\def\title{始末書}%文書の題名
\def\date{\today}%作成日時
\def\group{プロジェクト}%文書の当事者
\def\member{10}%人数
\def\when{亜硫酸の生成実験中}%どのようなときに
\def\what{研究室の机と研究用の実験器具を破壊}%何をしたのか
\def\sekininsya{プロジェクトリーダー}%責任者
\def\baisyo{プロジェクト一同}%対物賠償する人たち
\def\sekininSeito{プロジェクトリーダー:北海 太郎}%生徒の責任者
\def\sekininSensei{プロジェクト指導教員:未来 花子}%先生の責任者
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%
\pagestyle{empty}
\和暦
\begin{document}
\centerline{\Large\headfont\title}
\centerline{\date}\par\vskip3\Cvs
この度\group のメンバー\member 名が、\when に、不注意から\what し、大学
に損害を与えることになりました。誠に申し訳なく、深くお詫び申し上げます。\par
事故自体は大事には至らず、人的被害もありませんでしたが、\what してしまい
ましたことには、\sekininsya として重大な責任を痛感しております。\par
今後は二度とこのような事故が起きないよう、細心の注意を持って活動に精励す
ることをお誓い申し上げます。また、事故の再発防止に向けて環境の改善を行な
う方針であります。\par
なお、大学に与えた損害につきましては、速やかに\baisyo が賠償させていた
だきます。\par\vskip3\Cvs
\begin{flushright}
\sekininSeito\par
\sekininSensei
\end{flushright}
\end{document}